七五三を迎えました!皆で食事をしてお祝いしましょう

七五三とはどのようなものでしょう

七五三とは、その年齢に達した子どもの成長を祝って、神社や寺に参拝に行くことです。江戸時代、徳川綱吉が自分の長男の健康を祝ったことが始まりと言われています。11月15日が七五三の日とされていますが、今では両親の都合や天気により、11月のどこかで行われることが多いです。本来は3歳が「髪置きの儀」5歳が「袴儀」、7歳が「帯解きの儀」とそれぞれの年齢で行われる儀式を祝うものでしたが、今では正装をして、化粧をして参拝に行くことが多いです。

皆で七五三を祝いましょう

七五三は子どもの成長を祝うものです。両親だけでなく、祖父母や親戚、身内などたくさんの人を招いて盛大にお祝いしましょう。神社や寺に参拝した後は、皆で記念撮影をすることが多いです。その日を記念して、素敵な思い出としましょう。そして、皆で食事に出かけるのはいかがでしょうか。子どもの成長を一緒に祝ってくれたお礼に、歓談の場として、出かけましょう。子どもが主役なので、子どもが好きなものを食べることができるところを選ぶと良いでしょう。

食事場所の選び方とは!?

今では七五三のお祝い用にプランがあるレストランや特別メニューなどがあるところもあるので上手に利用すると良いでしょう。また、大人数を収容できる個室があるところであったり、着替えができるところだと利用しやすいです。子どもが少し大きな音を出しても気にしなくても良いところを選ぶと、子どもの成長を見せることができ、喜ばれるでしょう。家や参拝したところに近いと移動がらくらくです。子どもが伸び伸びと過ごせ、美味しいものを食べることができるところを選ぶことが重要です。

七五三のレストランの予約を取るにあたり、人数やメニューの内容などに注目をすることで、先方とスムーズに連絡を取り合うことができます。